2016年03月07日

その3

具体的な訓練内容

どんなことを教えるのか?

おおまかに言ってしまうと我慢と集中力と人の言葉に喜びを持つ犬へ

具体的なことですと

マテ。来い。一緒に歩く。ハウス。
吠えない。飛びつない。咬まない。

人と犬が共存する上で、最低限のルールですね。
一般的にしつけって言われていることですね。

その他に伏せ。座れ。立て。持って。ヤスメ。
なくても困らないけどできると役にたつ。
そして犬の性格が頑固だとやらせるべきこと。

これらは出張訓練で訓練士が自宅に来てもらったり
しつけ教室などへ飼い主が行き
やり方&接し方を覚えることが可能です。


その他に犬嫌い、人嫌い、トイレトレーニングなどは環境が大事になってきます。

これらは本来うんと小さい子犬時期(生後2〜6カ月)に教える必要があります。

ですから、例えば1歳過ぎたワンちゃんのトイレトレーニングを教える場合は
お泊り訓練となってしまいます。
ただし、自宅に帰宅後トイレの習慣を伝える事ができないご家族の場合はお断りしています。


これらが一般的な基礎訓練となり
理想的な訓練期間は半年


見習いの頃は委託訓練が主でした。

毎月何頭もの犬が新規でやってきて、毎日朝から暗くなるまで訓練をし
何百頭訓練してたんでしょうか。数えられないほどやってきました。

4ヶ月間で基本的なことを教え、
残りの2ヶ月でオーナーさんにやり方を教え、犬は高等訓練の基礎を教え
卒業するころには、誰が訓練しても反応し、どの協会の訓練試験でも受けられるように仕上げるもの。と教わりました。


ですが、現代はオーナーさんが訓練士に託す思いがなにかと違うことが多い。
試験など望んでいない。しつけがちょことできればいい。

訓練期間はできるだけ短く。お金は最低限。

その気持ちは痛いほどわかります。

でも、見習い期間が長く、たくさんの犬を訓練してきましたが、
4ヶ月かかる訓練を2ヶ月で覚えちゃいました!なんていう犬はほとんどいません。

もう教えることがないので早く卒業しましょうって子、1〜2頭居たかな。

でね、もともと家庭犬のしつけのみ希望の方のワンちゃんの訓練をし
4ヶ月のお勉強を3ヶ月で仕上げて、オーナーさんにやり方を教え始めても
なかなか人がマスターできずに卒業が延びていったケースが多いです。


で現代出張訓練が多いでしょ。
1ヶ月8回。1回1時間で1ヵ月8時間。
2ヶ月16回。
3ヶ月24回。

例えば人間が専門学校へ入って、これだけで何が覚えますかね?

勉強は覚えるまで反復が基本ですよね。

犬もそうなんです。

3ヶ月なんてうわっつら。人の場合その後2ヶ月放置してみなさい。簡単に忘れるから(笑)

犬は忘れるってよりも、すっとぼけるかな?

時間がモノをいいます。


最終的には犬を飼う方がその訓練を生かしてより良い関係を継続できるか?
にかかってきますから、

小手先で何とかしようとするぐらいなら
はなっからやらないほうがいいですよ。

って電話で相談された方によく言ってしまう言葉です。



いろいろ説明が長くなってしまいましたが

理想は半年。訓練を入れました。って人様に言える状態です。

訓練期間3、4ヵ月でもかまいませんけど、内容を定着させるにはその後飼い主さんが継続できるかにかかってきます。


高等訓練に関しては期間は決まっておりません。
オーナーさんが望むところまでお付き合いします。

時々高等訓練やり方を教えてほしいと、犬ではなく人が来られますが、
今後そのようなお話はお断りさせていただきます。



理想的な訓練時期は、生後5,6ヶ月〜となります。

年齢がいったワンちゃんももちろんお受けいたしておりますが
覚えるのに時間がかかることもありますのでその点ご了承下さい。

たまに10歳過ぎてのご連絡がありますが、(過去に訓練を受けたことがある子ならまだしも)
初めて他人の意見を聞くとなると、ストレスが強くかかり体調不調になってしまっては気の毒ですので、お断りするケースが多いです。


その他の具体的な方法、内容は面接時にご説明いたしますので
まずはこちらのメールにご連絡ください。
メール右斜め下 dogschool.kobuchi@gmail.com

ニックネーム リズ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スクールについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

その2

コースと料金について

古くからのお客様から、
「知り合いのワンちゃんを紹介したいのだけど形態や料金が変わっているかしら?」
と問い合わせをいただくこともしばしば。

なので、いつかどこかで書面にて出さなくてはな・・・。
と思いながらも、延び延びになっていました。

今現在ドッグスクールこぶちの生徒さんはいままでと変わらずですので。


2016年から新規の生徒に向けて

お勉強コースと料金のご紹介

かわいい委託訓練かわいい
当スクールで寝起きをし、生活習慣などを身につけます。

60000円/月

かわいい合宿訓練かわいい
週5日、当スクールで生活し、週2日自宅に戻ります。

70000円/月

かわいい出張訓練かわいい
週2回、ご自宅にお伺いし、お家の近くで訓練をして帰ります。

35000円/月

かわいいお泊り訓練かわいい
2泊3日当スクールにお泊りをし、訓練をします。

45000円/月

かわいい単発訓練かわいい
週1回ずつや、パピーレッスン、シニアレッスン、単発のお悩み相談など

5000円/回

犬(笑)単発訓練以外は数カ月時間を必要といたします。犬(笑)

犬(笑)基本訓練(家庭犬のしつけ)でしたら、家庭環境と犬の成長に合わせ、どのコースにしても問題はありません。
高等訓練(全国大会・警察犬)の場合は委託・合宿・お泊りの預かる形の訓練となります。犬(笑)

犬(笑)通い、お迎えにお伺いする範囲はこちら四葉その1)を見てください。
<遠方の方は委託訓練メインとなります。犬(笑)

位置情報生徒&卒業生のみホテルを行っています。

体重6キロまで2500円/日
体重25キロまで3000円/日
それ以上は4000円/日

三が日、ゴールデンウィーク、お盆、シルバーウィークの期間は値上げします。


その他の細かな質問は、横にあるメールメールへ送ってください。

ニックネーム リズ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スクールについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

その1

今までの簡単な経緯

産まれは兵庫県西宮、サラリーマンの父の都合上転勤を繰り返し
鎌ヶ谷へ移り住んだのは小6のとき。小中高と鎌ヶ谷で過ごし

1995年 春 船橋にある高井ドッグスクールへ住み込みで見習い
2001年 夏 馬込沢でドッグスクールこぶちを開業
2009年 夏 馬込沢から白井市西白井へ移る
2010年 秋 結婚し苗字が小渕から塩澤へ
2013年 夏 西白井から鎌ヶ谷市佐津間へ移り訓練所を造る

よって出張訓練と委託訓練の両立可能に。

現在、出張訓練の範囲は片道1時間内とさせていただいています。

目安の距離
http://www.nanchatte.com/map/circleService.html?lat=35.8014171&lng=140.00646370000004&z=12&m=lat:35.80099776029682,lng:140.00668022810714&m=lat:35.8014171,lng:140.00646370000004,t:%E3%80%92273-0136%20%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E9%8E%8C%E3%82%B1%E8%B0%B7%E5%B8%82%E4%BD%90%E6%B4%A5%E9%96%93%EF%BC%99%EF%BC%94%EF%BC%92&m=lat:35.8014171,lng:140.00646370000004,t:%E3%80%92273-0136%20%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E9%8E%8C%E3%82%B1%E8%B0%B7%E5%B8%82%E4%BD%90%E6%B4%A5%E9%96%93%EF%BC%99%EF%BC%94%EF%BC%92&m=lat:35.8014171,lng:140.00646370000004,t:%E3%80%92273-0136%20%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E9%8E%8C%E3%82%B1%E8%B0%B7%E5%B8%82%E4%BD%90%E6%B4%A5%E9%96%93%EF%BC%99%EF%BC%94%EF%BC%92&c=lat:35.8014171,lng:140.00646370000004,r:10000,fo:0&c=lat:35.8014171,lng:140.00646370000004,r:10000,fo:0

1時間以上の場合、交通料別途になってしまいますが、
それでも良いとおしゃっていただけるならご連絡ください。
メールdogschool.kobuchi@gmail.com


よく考えると、現在2015年。犬と関わって20年なのね!!目
親よりも、旦那よりも、子供よりも、苦楽を共にする存在&長い付き合いなんだと思うと感慨深いものですね。

きっと切っても切れない縁なんだろうな。ワンコと私。


ニックネーム リズ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スクールについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする